実践的なビジネス英語ならネイティブイングリッシュでOK

実践的なビジネス英語ならネイティブイングリッシュでOK

 

 

海外出張に行く際に、英会話の学習をしておけば良かったと後悔してしまう
人も少なくありません。

 

しかし、学習するにはある程度の時間が必要になりますし、働きながら
英会話教室に通うのは大変です。

 

ネイティブイングリッシュにはビジネス用の英語もマスターできる

 

急な海外出張が決まった場合に、英語が全くできずに現地の人と適切な
コミュニケーションができなかったケースがあります。

 

また、きちんとした英会話教室を利用していたにも関わらず、ビジネス用の
英語が分からないという人もいます。

 

ネイティブイングリッシュには、実際にビジネスで利用される英会話が
CD4枚とテキストで分かりやすく学習できるようになっています。

 

普段日常的に使用されている英会話と、ビジネス用で使用する会話には
違いがあります。

 

例えば親しい友人に会うときに使う挨拶の代表的なものとして、What's up?
という会話があります。

 

しかし、これはビジネスとして初対面の人に使用する表現として正しく
ありません。

 

ビジネスでは丁寧な英会話をする必要があるため、How do you do?や
Nice to meet youを使用するのがビジネスの場では自然です。

 

この違いをきちんと理解していないと、友人に対して素っ気ない挨拶をしてしまう
場合や、ビジネスの相手に対して馴れ馴れしい態度になってしまうこともあります。

 

日常会話を理解した上でビジネス用の会話を利用する

 

海外出張のためだけに海外に行くことを理由に、それだけを学習したら良いのか
というとそうではありません。

 

ある程度の一般的なビジネス用英会話は含まれていますが、実際の会話の中には
様々な言葉が含まれています。

 

きちんと日常で使用されている英会話を理解して、その応用としてビジネス用の
英会話を学ぶようにするのが基本と考えてください。

 

日本語でも同じですが、敬語できちんと話していたとしても、間違った敬語を
話してしまうと恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

英語の場合には、単語や文法の使い方により丁寧に話しているつもりが、返って
失礼になってしまうこともあるのです。

 

とくに相手が取引相手の場合には、正しい言葉を身につけてきちんとした
コミュニケーションを取る必要があります。